TPP

瀬戸際の交渉を続け、ようやく大筋合意に辿り着いたTPP

しかしトランプさん、大統領就任初日に離脱する考えだそうです。

ずっとアメリカ主導で推進していたように見えたので、てっきりあちらにとってメリットが大きいのかと思ってましたが、「輸出で稼ぐよりも、海外製品の輸入をさせない!」ってことでしょうか?

実はアメリカ国民の8割近くがTPPに反対していたそうで、トランプさんも公約に掲げて当選した以上はやっぱり考えを貫くんでしょうね。さすがの安倍首相でも説得は難しいんじゃないかなぁ。。。

もしアメリカが抜けた場合、日本以外の参加国は

・オーストラリア
・カナダ
・シンガポール
・チリ
・ニュージーランド
・ブルネイ
・ベトナム
・ペルー
・マレーシア
・メキシコ

あと、韓国も参加表明ってニュースもありましたが、アメリカ抜きでも各国メリットはあるのでしょうか?次々と離脱して白紙になったりするのか…今後の行方が気になります。

このニュースを見て、アメリカの要求に対してギリギリの交渉を続けてきた甘利元大臣の映像をふと思い出しました。彼はいま何を思うのでしょうか…なんだかちょっと可哀想ですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする